【VACUS】の買い方

こんにちは、うさきです。

先日、【VACUS】の記事を書いたのですが、「買い方が分からない!」「どこでチャート見るのさ?」という呟きを見かけました。

確かに、ちょっと分かりづらいですよね。私も買おうと決めてから買うまでのハードルが結構多かった記憶があります。

そこで、ここに私なりのメモを載せておきました。買いたいけれど躊躇しているどなたかのお役に立てれば幸いです。

■事前に準備するもの
  • Zaif口座
  • 【VACUS】を購入するための【XCP】、手数料分の【BTC】
  • CounterWallet(カウンターウォレット)のアカウント
  • 以上をまず準備します!

    Zaif口座開設

    【VACUS】を買うためには【XCP】という仮想通貨が必要です。
    【XCP】を手に入れるために、取り扱いのある『Zaif』に口座を開きましょう。

    口座開設の流れは、

    必要事項入力→身分証明書提出(サイトから)→本人確認のハガキ到着→ハガキの確認番号をサイトに登録 となります。
    ここで注意したいのは、入金から一週間は購入した仮想通貨を出金できないということです。

    つまり、口座を開設しようとしてから結構時間がかかります。ここは早めに動きましょう。

    【XCP】を購入

    無事、口座開設ができたら次は【XCP】の購入です。
    上部メニューより、『取引』→左上のプルダウンをクリック→すぐ下のメニューより『トークン』→『XCP/JPY』

    ここで【XCP】を購入してください。
    また、【BTC】を持っていない人も、同じ要領で買っておいてくださいね。

    BTC手数料は、ZaifからCounterwalletへ送る際と、Counterwallet内でVACUSに注文を出す際に必要です。

    Counterwalletのアカウントを作る

    CounterWalletに飛びます。

    赤丸をクリックします。

    赤丸部分が、自動生成された12語からなるパスワードです。必ずメモしておいてください。
    このパスワードが漏れるとウォレットの中へ侵入されてしまうので、アナログで記録して厳重に管理するのが望ましいです。
    完了したら、下のチェックボタンにチェックをし、右下の青いボタンをクリックします。

    赤丸をクリックします。

    赤丸をクリックします。

    これでcounterwalletのアカウントができました。

    Counterwallet内でVACUSを買う。

    赤丸内に12文字のパスコードを入力し、ログインします。

    まず、zaifで買った【XCP】と手数料用の【BTC】をウォレットに送ります。zaifからの送信先は青丸にあるアドレスです。
    板へ進む場合は、左の赤丸をクリックします。

    VACUS/JPYを選びます。表示されていない場合は、右の空欄に直接入力してください。

    売買画面が出ました。【XCP】と【BTC】が着金したらいよいよ【VACUS】が買えます!

    スマホから板を見る(売買もできます)

    準備中